授乳中のワンピース選び間違ってない?不便にならないワンピース10選

レディース
スポンサーリンク
  • 授乳中でもおしゃれを楽しみたい。
  • 授乳中にワンピースを着たいけど、授乳をする時に不便そう。
  • 初めての子育てでどんなマタニティ服を選んだらいいかわからない。

初めて子育てする方は、普段自分が何を着ていいかわからないなど、今までの当たり前の生活すらもわからないことだらけですよね。

産後の体型をカバーするためにワンピースを着たいけど、授乳する時に不便かな?と疑問に思うママさんも多いんです。

今回は、授乳で不便にならないワンピースの選び方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

授乳用または前開きワンピースを選ぶ

授乳中にワンピースを着たい方は、今までのおしゃれ目線でワンピースを選んでしまうと授乳に不便だと感じてしまいます。

授乳中のママさんのワンピースに必要な視点は2つ。

  1. 授乳用ワンピース
  2. 前開きワンピース

それぞれ特徴をまとめていきます。

授乳用ワンピースの特徴

マタニティ用ワンピースを着た女性

  1. 全体的にゆったりとしたシルエット
  2. 授乳口がついている

マタニティ服には、授乳時専用のワンピースが販売されています。

産後ママの負担を減らすために全体的にゆったりとしたシルエットになっていて、身体をしめつけることなく着ることができます。

また、サイドに授乳口がついており、授乳口から授乳をすることができとても便利です。

前開きワンピースの特徴

ワンピースを着た女性

  • 前開きボタンのデザインになっている
  • 着脱が簡単

ワンピースがカーディガンのようにボタンで着脱できるワンピースなら、授乳中に不便を感じることなく着ることができます。

前の布が重なる部分から下着が見えてしまう場合には、インナーを着てチラ見え防止しましょう。

ボタンを3つくらい外してインナーを捲し上げれば、授乳することができます。

襟ぐりの開いたワンピースは危険

襟元の開いたワンピースやゴムで伸びるタイプのワンピースを授乳中に着ている方もいますが、あまりおすすめできません。

なぜなら、子供が洋服を引っ張った時に下着が見えてしまう危険性があるからです。

赤ちゃんの手は引っ張る力がとても強いので、抱っこをしていると思いがけない場面で洋服を引っ張られてしまうことも。

人前で恥ずかしい思いをしないためにも、襟元の開いたワンピースやゴムで伸びるワンピースは避けましょう。

授乳中にワンピースが不便な理由

そもそも、なぜ授乳中にワンピースを着ると不便なのかという理由を探ることで、根本的な解決に繋がります。

授乳中のワンピースが不便な理由は主に2つ。

  1. ワンピースを下から捲くし上げなければいけない
  2. 授乳口がない

普通のワンピ―スの授乳は裾を捲し上げる

ワンピースでトイレに入った時を想像してみてください。

裾を捲し上げてトイレに座って用を足す方がほとんどだと思います。

普通のワンピースで授乳をする時には、このトイレでの過ごし方と同じ方法で授乳をすることになります。

トイレなどの個室に入れるのなら問題ありませんが、物陰に隠れて授乳をする時に万が一見られたら恥ずかしいですね。

授乳口がない

外を眺めるワンピースを着た女性

マタニティ服にはサイドに授乳用のスリット(授乳口)が入っている服がほとんど。

当然、普通のワンピースには授乳口はないので、上のように裾を捲し上げて授乳するしか方法はありません。

普通のワンピースにハンドメイドで授乳口を作る方もいますが、失敗する可能性が高いので辞めておきましょう

授乳口は何重にも生地を重ねて下着が見えないようなデザインになっています。

1枚のワンピースのサイドにスリットを入だけでは、動くたびに下着が見えてしまいますよ。

授乳中のおすすめワンピース

マタニティ専用ワンピースと一般的なレディースワンピースで授乳中でも着られるワンピースを合わせて10個ご紹介します。

初めて子育てをされる方は、授乳中でも不便じゃないワンピースの選び方をチェックしてみてくださいね。

マタニティ専用ワンピース5選

 

授乳口がジッパーになっていて、普段は授乳口が見えないデザインのワンピースです。

授乳に不便じゃないのはもちろんのこと、デザインの機能性も優れています。

Aラインのワンピースは隠したい腰回りまでしっかり覆い、二の腕までカバーしてくれます。

さらに、2つの大きなポケットが使いやすいとママたちに大好評!

抱っこ紐の位置に掛からない絶妙な高さで使い勝手も抜群です。

 

存在感のあるエスニック柄が目を引くおしゃれなマタニティワンピースです。

てろんとした素材なので、ゆったりシルエットでも体が大きく見えにくくなっています。

両サイドを黒やグリーンの濃い色で締めており、Iラインが強調されてスタイルアップに繋がります。

 

マタニティ用では珍しく明るく可愛らしいデザインのワンピースです。

胸元でデザインが切り替わっていて、スタイル良く見せてくれるデザインになっていますね。

シルクのような光沢感があり、高級感と上品さがあります。

お宮参りや七五三、入学式、卒業式でも活躍できますよ。

 

清楚な女性らしいデザインのマタニティワンピース。

腰回りでキュッとウエストを絞れるので、産後の身体の状態に合わせてシルエットを変えることができます。

授乳には上の布で覆えるので授乳用ケープを使う必要もありません。

最低限の荷物で出掛けたい結婚式などの場面では、特に便利ですね。

 

前面にファスナーがついて授乳がラクラクできるデザインのマタニティワンピース。

へそのあたりまでファスナーを下ろせるので、授乳時に不便さを感じることはありませんよ。

膝丈のワンピースは1枚で着ても、デニムやスキニーパンツと合わせて着ることもできて、1着で色々なバリエーションを楽しめますね。

授乳中でも着られるレディースワンピース5選

 

一見、キャミワンピースに見えるアイテムですが、サロペット型(パンツ)になっていてアクティブに動くことができます。

Tシャツと重ね着をして色々な着回しができますね。

 

ゆったりデザインのキャミワンピは、カジュアルにもフェミニンにも着回せる便利アイテムです。

ストラップ部分が細いので華奢な女性らしい印象になりますよ。

値段はなんと1,990円と激安価格なのも嬉しいですね。

 

累計で98,000着以上販売している人気のワンピースです。

洗濯をするたびに体になじむ生地は「 これ以外のワンピースは着れない!」と思わせ、ファンをとりこにする最高の使用感。

吸湿性、速乾性、通気性に優れたガーゼを2枚重ねることで、夏は涼しく・冬は暖かく過ごすことができますよ。

 

デニム生地でカジュアル感を出しながらも、ふんわりシルエットが女性らしいデザインのワンピース。

前開きボタンになっているので、授乳をする時にも不便さはないですね。

透けにくい素材でボタンの数も多く、下着が見えにくいのも嬉しいポイントです。

 

膝丈・ロング丈・マキシ丈の3つの丈の長さから選べるワンピースは、着回し力抜群のアイテムです。

ボタンをはずしてさらっと上から羽織ったり、ウエストを紐で結んでトレンチコート風に着ることもできますよ。

袖を折れば暗めの色味でも重くなりすぎることもありません。

授乳中でもワンピースは不便じゃない

授乳中にワンピースを着ていると不便だと思ていた方は、ワンピースの選び方を見直すことで不便さから解放されますよ。

これからの長い子育てライフを楽しく過ごしてくださいね。

以上「授乳中のワンピース選び間違ってない?不便にならないワンピース10選」について紹介しました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました